ブログ

【BCツアーレポート】奥美濃バックカントリーツアー/SUPERB×RhythmWorks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、3月11日に行われたBCツアーの開催報告をさせていただきます(汗)

今回の奥美濃BCツアーは未経験者を対象に奥美濃、大日ヶ岳にて行いました。アテンドは今回も信頼の置けるバックカントリーガイド、「RhythmWorks」さんにお願いを。世界遺産である白川郷BCや春の立山BCなど魅力的なガイドも行なっており、今回のBCツアーのように未経験者の方でも冬山での装備や行動の仕方をわかりやすくレクチャーしてもらえます。

まずは装備の内容説明から始まり、ビーコンの取り扱いや付け方、バックパックへ装備をつける時のポイントなどなど。登り始めの斜面へのアクセスは高鷲スノーパークのゴンドラを使いスタート地点へ。ここではではスノーシューを履いて新雪の中の歩き方やコツなど。IMG_5681

通常では柔らかい雪を歩けば腰ほど沈んでしまいますが、スノーシューを履いて歩くと膝下くらいになるので、参加者の方はここでプチ驚きです。途中、小休止を挟みながらおよそ1時間強のハイクをしたのち目的の山頂へ。

IMG_5699

週中の降雪もあり大日岳にはノートラックゾーンが無数にありました。最初のドロップは雪質が保たれまだ誰も滑っていない南斜面をチョイス。

IMG_5747

IMG_5707

普段快調なパウダーライディングをする参加者の方も、ゲレンデとは勝手が違うBCに始め戸惑いながらも気持ち良さそうに滑っていました。南斜面で足慣らしを終えてから、次は雪質変化の少ない北斜面へ移動。そして南斜面と北斜面の雪質の違いを感じながらドロップ。
IMG_5782

IMG_5805

17546873_1139247859518175_8064777121318821933_o

17201118_1451048388268224_1385685787384076361_n

そして北斜面下部で始まったプチセッションではバックパックをおろし体が軽くなったのか軽快なライディングも。17201287_1451048281601568_3940790437766744049_n

今回女性の参加者の方も多かったのですが男勝りな体力と攻めっぷりに見ていた私も感心いたしました。

17190757_1451048271601569_3884377196319473075_n

初めてのBCツアーいかがでしたか?次回はアドバンスツアーへのご参加お待ちしております!

IMG_5703

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

商品一覧

登録されている記事はございません。

最近の記事

HTML/基本構文
ページ上部へ戻る