ブログ

【イベントレポート】バンクドスラローム in 福井和泉スキー場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

またまたスローバックになりますが、

16665339_1261510180607850_7721754241196260268_o

奥美濃BCツアーの翌日3/12 、お店をお休みさせて頂いて第一回福井和泉バンクドスラロームへ参戦してまいりました。この大会の前に高鷲スノーパークで大日ヶ岳バンクドスラロームが行われたこともあり、続けて参戦する方も中にはみえたようです。運営発表では参加者合計で軽く150名超え。17201217_1124815357645231_6463222857172261763_n

やはりフリーライドブームの後押しもあるのか、ここ数年のバンクド熱は目を見張るものがありますね。およそバンクドスラロームの大会は二回の滑走が一般的。1本目はシャバシャバになり、2本目は3時過ぎのカッチカッチ、ボッコボッコというバラエティーに富んだコース状況の時もあります。

IMG_2719(意図としない転倒が時にレイバッックを引き出します。)
出走順が遅ければ遅いほどそれが顕著に現れますので、大会申し込み、参加費入金の時点で出走の順番は半分以上位決まっているようですので、そこから大会は始まっていると言えるかも!?そうは言ってもみんな同じ条件で滑っているのでそんな女々しいこと言ってちゃダメですね。

この大会のユニークな点は出走前時スタートゲートで勧められるウェルカムドリンクです。

17358606_1293345964090938_4272446961904085233_o

17311127_1293346040757597_2796120386091126625_oお酒の種類は様々。

出走を前に断るのか呑むのか、この時点でふるいにかけられます。(もちろん成人にのみ勧められます)へべれけでタイムの早い人もいましたのでこの辺りは大会と一体となって楽しめるかどうかが決めてですね。

カテゴリーは大きく分けて、ネクストジェネレーション、レディース、メンズの3つ。印象的だったのはネクストジェネレーションクラス。20名ほどでしたが大きいバンクに戸惑いながらも果敢に攻めていましたが中にはバンク後半でパンピングしてスピードを乗せているキッズも。そして大物ライダーの息子さんも出場していてここら辺もグッドポイント。年齢はネクストジェネレーションなんでしょうが、オープン男子に出場していて、滑りのスタイルが似ているだけではなく体の動かし方もそっくり。将来化け物になるでしょう。

コースのゲレンデ下部では試乗会も催されていてました。天神のブランド「TJBRAND」もきていました。さらに試乗会だけではなくオープン男子の出走順一番手、二番手、三番手とTJBRANDのビッグ3の姿があり、大会を盛り上げます。

IMG_2495

大会は程なく無事に終わり、表彰式へと。スパーブユーザーさんもおおぜい出場していて、なんと中には二人で入賞されているご夫婦も。

IMG_2532

おめでとうございました。

このお二人実は前日スパーブのBCツアーにも参加していてからのこの大会なのでポテンシャルと体力の高さを伺わせます。これからも楽しみな逸材です。

メンズ、ウィーメンズの優勝者にはワンオフで福井県の鯖江の誇るファンキーサングラスブランド「STONE-D」のワンオフで作成したサングラスが送られていました。

17311286_1293348050757396_2965019457359091987_o

(写真真ん中優勝者 そして右のサングラスのお兄さんがSTONE-Dの竹内也人さん)

17358575_1293347577424110_5239604107204068993_o

大会結果はこちらから。

日本では有名な天神バンクドスラロームに端を発したバンクドスラロームは、様々なゲレンデで行われ出しましたが、どの大会を見てもローカルライダーたちの力なくして行えない大会だと感じます。前述したフリーライドブームの要因はもちろんあると思いますが地元のスノーボーダーを含めた主催者側のの地元愛に近いものがバンクドスラロームという大会の人気を押し上げている本当の原動力だと思った3/12でした。

※写真転載元 Mt FUKUI IZUMI BANKED SLALOM facebookページより一部抜粋させていただきました

そんな天神バンクドスラローム発祥の地「谷川岳スキー場」で4月8日~4月9日にかけて「MINAKAMI VIVES」が行われます。

17632008_1281056781985881_2662637718708009200_o

そんなVIBES感じに行くのもいいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

商品一覧

登録されている記事はございません。

最近の記事

HTML/基本構文
ページ上部へ戻る